前へ
次へ

家族葬のお知らせの文章例について

亡くなった方の近親者のみで家族葬をおこなうため、会社関係や知人などの一般の人の参列を辞退することもあるものです。そのようなとき、具体的にどういった文章で知らせたらよいかと迷う人もいるでしょう。人が亡くなった場合には、基本的には電話で訃報を伝えます。しかし電話と併用してメールでも伝えると、連絡の行き違いによるトラブルを避けることができるので、可能であれば利用した方がおすすめです。メールでは、まず初めに誰の葬儀の知らせなのかを記載したあとには、生前の付き合いに対する感謝を述べたのち、葬儀は家族葬でおこなうことを明記します。「故人の遺志により葬儀は家族のみで執り行います」また「故人の遺言により家族葬にさせていただきます」もしくは「故人の希望により家族葬を執り行います」といった文章です。さらに「弔問および香典は、ご辞退申し上げます」などと付け加え、参列や香典の受け取りを望んでいないことを明確にしておきましょう。

Page Top