前へ
次へ

葬祭の家族葬や一日葬の特徴

叔父や叔母、従姉妹などの身内が亡くなると、お葬式に参列をする必要があります。現代はお葬式に対する考え方が変わっており、家族葬や一日葬を希望しているご家庭が増えています。家族葬や一日葬も、参列する人数が限られていますが、一般葬と同様に心を込めて行う必要があります。親族の場合は都合が付く場合は、お通夜と告別式の両方に参列することが大事です。家族葬も僧侶による読経を行ってから、遺族が心を込めてお焼香を行います。地域に密着をした斎場を利用している人が多く、斎場と火葬場が隣接している所が増えています。火葬場と隣接していると、マイクロバスを手配する必要がなく、費用を抑えることが出来ます。高齢者が多く参列する場合は、移動などの負担を減らすことが出来ます。家族葬の場合は、遺族の意志でご香典を辞退することもあります。ご香典を辞退している場合は、供え花やお供え物などを手配すると良いでしょう。数珠やハンカチなどは忘れないように準備をしておきましょう。

Page Top