前へ
次へ

葬祭とはどんなことを意味しているのか

葬祭は冠婚葬祭のうちの葬儀とお祭りに関することで、弔問やお通夜、葬儀や法要、そして祭としてはお正月や端午の節句・ひな祭りや七夕・お盆のことを意味します。葬祭の葬は葬儀に関することを含み、弔問やお通夜などをいい、それぞれマナーがあり、古来からしきたりとして受け継がれています。例えば、訃報を受けたときには心からお悔やみの言葉を伝え、通夜や葬儀の日時と場所、形式などを尋ねます。まだ決まっていないときには決定したら知らせてもらうようにしておきましょう。弔問については親しい人ほど早く着くようにすることが大切で、遺族を訪ねてお悔やみを述べます。葬儀まで手伝う場合は、喪服の用意もしていきましょう。弔電は告別式の前日までに手続きをするようにし、お悔やみの気持ちを書いた電報を送るようにします。弔電は115番に申し込み、電報を送ると受付から2、3時間くらいで相手方に届きますし、葬儀や告別式に参列することができないときには式の前日までに届けるようにすることがマナーです。祭はお正月やひな祭り、七夕などのイベントを言い、それぞれの地域ごとに際の過ごし方は違っていることが一般的といえます。例えば、お正月の行事では年神を迎え、初詣などを行い、その年を幸せに過ごせることを祈願します。お正月には玄関には門松を置き、お節料理を要したりお雑煮をいただいたりして過ごしますし、初詣に行きます。のひな祭りは3月3日に祝われる女の子のための節句で、ひな人形を飾って、白酒や菱餅などをいただきます。そして、彩りの美しいちらし寿司や吸い物などでお祝いします。ひな祭りのお祝いに招待されたら、桃の花やケーキ、ぬいぐるみなどを贈り、お祝いしましょう。そして、節句が終わればすぐにひな壇などは片付けていきますがそうしないと婚期などにデメリットがあるといわれているのです。このように、葬祭はお葬式やお正月などのことを意味しており、それぞれしきたりがあり、長く受け継がれてきています。

大阪でお子様の魅力を引き出せる七五三の写真を撮影するスタジオ
確かな撮影技術でお子様の笑顔や大人びた表情などを見逃さずに撮影します。

Page Top