前へ
次へ

葬祭のお葬式のマナーを知っておきたい

葬祭の中でも、お葬式は故人にとっては最期の儀式なので、心を込めて供養を行う必要があります。日本のお葬式は、仏式が多いので基本的なマナーを身に付けておく必要があります。受付でご香典を手渡す必要があるので、不祝儀袋を袱紗に包んで手渡して下さい。近隣住民や友人、知人のお葬式に参列をする時は、開式の30分前に到着をしておくことが大事です。親しい間柄の場合は、供え花なども手配をしておきましょう。斎場では私語を控えることが大事です。宗派によっても作法には、多少の違いがありますが、僧侶の読経が始まると親族や喪主のお焼香が始まります。遺影の前には香炉が用意されているので、心を込めてお焼香を行います。3回行うことが多いですが、家族葬や一日葬の場合は、一回になることもあります。お焼香が終わったら、遺族にもう一度一礼をして、退出をしましょう。寒い時期でも、斎場に入る前にコートを脱いでおくのがマナーです。お肌の露出を抑えた、落ち着いたデザインの喪服を選んで下さい。

Page Top