前へ
次へ

お金をかけずとも行える葬祭

人が亡くなった時に執り行われる葬祭ですが、基本的にこのように行わなくてはならないという決まった形はありません。そのため近年は、これまでなかった新しい形の葬祭も登場してきています。それが家族葬と呼ばれるものです。従来は亡くなった人と親交のあった数多くの人を、葬式などに呼び寄せるのが一般的でした。しかしこうしてやり方はお別れの機会を多くの人に伝えることができる一方で、お金がかかるため遺族にとっては金銭的な負担が多いという欠点がありました。一方新たに登場した家族葬は、基本的には葬式などを家族を始めとする近親者のみで行います。そのため規模が非常に小さく、お金をかけずに執り行うことができるという特徴があります。葬祭に対する考え方も年々変わってきており、心を込めて見送りすることができれば無駄なことにお金をかけなくても良いのではないかという意見が主流になりつつあります。家族葬はそうした人たちの支持を受ける形で、年々利用者も急増しています。これからの新しい葬祭の形と言えるかもしれません。

Page Top