前へ
次へ

葬祭の1つであるお墓参りの作法の重要性

葬祭とは人が亡くなった際の葬式や、その後の法事などを含めた言葉です。そのためお盆やお彼岸などに家族揃って出かけるお墓参りも祭祀の1つといえます。しかし核家族が増えている現代では、先祖代々のお墓や仏壇を目にするのは田舎に帰省したときだけで、先祖供養が身近なものではなかったという人も少なくありません。その場合にはお墓参りの作法がよく分からないということもあります。もちろんあまり堅苦しく考えることはありませんが、知っておくとお盆やお彼岸などでお墓にお参りをするときに困らないでしょう。霊園や寺院墓地へのお墓参りに適した時間帯は、基本的には日の出ている明るい時間帯です。これは墓石や周辺の掃除をするので暗くなってからでは見づらいという理由があります。またお墓参りの時の服装は、僧侶に来てもらう法要の場合は礼服を着用しますが、そうでない場合は掃除のしやすいものがおすすめです。またどのような習わしがあるのかは、地域によっても違うので確認しておくことをおすすめします。

Page Top